蛍光灯の生産終了

三菱電機、岩崎電気、Panasonicなどの大手メーカー各社が次々と蛍光ランプ・蛍光灯照明器具の生産中止を決定しています。

その背景には政府による「新成長戦略」「エネルギー基本計画」や一般社団法人日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の目標があります。蛍光灯の生産中止に伴って照明のLED化は更に加速するでしょう。

終了時期は各メーカー、器具の種類によって異なりますが、大体2018年の秋頃~2019年の秋頃で終了となります。メーカー、種類ごとの生産終了時期をまとめました。

岩崎電気の生産終了時期(蛍光灯および蛍光灯器具)

岩崎電気は蛍光ランプと蛍光灯照明器具の生産終了時期について記載します。

蛍光ランプについては2018年9月を持って生産が終了となりますが、下記の9種類のランプに関しては1年間生産延長となり2019年9月末に生産終了となります。

蛍光灯照明器具に関しては2018年9月をもって全品種の生産が終了となります。

※なお在庫がなくなった場合はなくなり次第終了となります。

2019年9月末に生産終了品終了する蛍光灯ランプ(岩崎電気)

一般形蛍光ランプ

  • FL20SSW/18
  • FL20SW
  • FLR40SW/M
  • FLR40SD/M
  • FLR40SD/M/36
  • FLR40SW/M/36

Hf蛍光ランプ

  • FHF32EX-N-H

アイルクス

  • FLR40SEX-N/M

アイホワイト

  • FLR40SN/M

1年間生産延長対象品(9種類)

三菱電機の生産終了時期

三菱電機は既に一部の蛍光灯器具の生産を中止していますが、2019年3月末を目処に全ての蛍光灯照明器具の生産を終了する旨を発表しています。

三菱電機は3回に分けて生産中止を実施します。

スケジュールは以下の通りです。

※生産中止器具の詳細はコチラを御覧ください。

Panasonicの生産終了時期

パナソニックの蛍光ランプ、蛍光灯照明器具の生産中止時期についてですが、2018年4月末と2019年3月末の2回(器具の種類によっては終了日が異なります)で全ての蛍光灯照明器具の生産終了となりますが、蛍光ランプの製造については継続する意向を示しています。

生産終了品については下記の通りです。

※生産終了品の詳細な型番・代替品に関してはコチラごご参照下さい。

現在入手できる蛍光灯はこちら

おすすめLED蛍光灯

フィリップスのLED蛍光灯の特徴は専用のダミーグローを使えば工事不要で取付が可能です。工事不要で対応している蛍光灯はグロー式のみですがラピッド式、インバーター式でも電気工事(バイパス工事)を行うことで安全に取付が行えます。

エネプラ.comではLED電球をはじめ照明器具の販売から施工まで業種を問わず幅広くご提案をしています。LED照明のことでご相談があればお気軽にお問合せ下さい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事