正しいLED照明の選び方

LED照明を購入する際、見た目や値段だけで選んでしまっては危険です!

LED照明器具には様々な種類のものがあり、器具幅や光量、色温度など注意すべきポイントはたくさんあります。

ここでは間違ったLED照明を購入しないように気をつけるべきポイントを説明します。

❖気をつけるべき3つのポイント

・ポイント① LED照明器具の設置方法に気をつけよう!

LED照明には直付型と埋込型があります。
名前の通り、天井に直接付けるタイプなのか、天井に穴を開けて埋め込んでしまうタイプなのかの違いです。

タイプによって器具の形が変わりますので、
埋め込み用器具を直付したり、直付用器具を埋め込んだりすることはできません。

間違えてしまうとどうしようもなくなってしまいますので注意しましょう。

※パナソニック製 直付型ベースライト

※パナソニック製 埋込型ベースライト

・ポイント② 器具幅に気をつけよう!

例えば、直付型で今のものよりも器具幅が小さいものを選んでしまった場合、天井に付けて使用することはできますが、照明ヤケの後などが顕になり非常に不格好になってしまいます。しかし実際に使えるだけまだましです。

埋込型で今のものより器具幅が小さいものを選んでしまったらどうなるでしょうか。
天井に空いている穴にすっぽりと入ってしまって器具が固定できなくなってしまいます。
こうなってしまうと当然使用することはできません。
大きいものを選んでしまった場合は逆に穴に器具が収まらなくなってしまい使用できません。

ダウンライトも同様です。器具ごと変える場合はΦを間違えてしまうとうまく穴にはまらずに設置できません。
だいたいの幅でも構いませんので、既存照明の器具幅はメジャー等で計測して知っておきましょう。

LED照明の器具幅については商品を実際に検索すると寸法・質量と記載がありますので参考にしましょう。
また、小組や仕様書にも記載がありますので間違えないようにしましょう。

LED照明の器具幅は、ポイント③のランプの種類を調べた際にチェックしましょう。

・ポイント③ ランプの種類に気をつけよう!

ポイント①と②に気をつければ取り敢えず同じ幅間の照明器具を買う事ができますが、
重要なのはランプの種類です。

これを間違ってしまうと、思ってたよりもかなり強い光のものを買ってしまったり逆にすごく暗いタイプのものを買ってしまう可能性があります。今の照明の明るさと同じ明るさのものを慎重に選びましょう。

正しい光量のものを選ぶためには今使用している蛍光灯のランプの種類を知ることが大切です。
ほとんどのランプには、そのランプの種類を表す表示がありますので確認してみましょう。

FLR40のランプがついているのがわかりました。また色はナチュラル色(昼白色)だとわかりました。
次に1つの器具にランプが何本ついているのか見てみましょう。

見ての通りランプが2本ついています。これで、この蛍光灯は昼白色のFLR40の2灯式だということがわかりました。
ここまで分かればあとは前述の器具幅だけ気をつけて商品を選ぶだけです!

実際に「FLR40 2灯相当 昼白色」で検索してみましょう!

検索すると以下のような検索結果が得られました。

検索結果の1番上のページを見てみましょう。

パナソニックの商品ページにたどり着いたはずです。ここに表示されている商品が、
FLR40×2灯相当の昼白色のLED照明器具です。

しかし、よく見てみるとページ上部に生産終了(代替品 XLX440DENZ LE9)とあります。

見て分かると思いますが、今調べた照明器具は既に生産終了となってしまっています。
ですが、その代替え品の品番が横に表示されていますので今度はコチラをクリックして商品ページへ行きましょう。

今度は生産終了品ではありません(生産終了予定ではありますが・・・)。商品名を見てみると、

天井直付型 40形 一体型LEDベースライト Dスタイル/富士型 直管形蛍光灯FLR40形2灯器具相当 FLR40形・4000 lm(節電)

この商品がFLR40の2灯相当のLED器具で間違いない事がわかりました!

後は前述で説明したように、ページの商品詳細で色や器具幅など、本当に間違いがないのかを確認しましょう。
(極稀に色や器具幅が異なった商品が表示される可能性もありますので注意しましょう)

これで今ある蛍光灯器具の代替品のLEDの型番がわかったので安心して購入することができます。

・最後の注意点!

正しいLED照明を無事に検索できたので、後は買うだけ・・と思っておられるかもしれませんが、
LEDベースライトの取付けは、電気工事士の資格を持っている方でないと工事できません!

せっかく正しいLED照明を購入しても工事で失敗してしまっては本当に元も子もないので、信頼できる業者さんに依頼して取付けてもらうようにしましょう。

❖おまけ

今回の記事で紹介したLED照明器具についてはコチラでお買い求め可能です。是非購入してみて下さい。

ここまで正しいLED照明器具の選び方を解説しましたが、
今回選んだランプよりも、もっと複雑な情報があり選定が難しいランプもあります。

自分で選定することが難しいと思ったら素直にプロに任せましょう。

弊社では、無料で現地調査を行い正しいLED照明の選定と、工事費込の御見積を作成しておりますので、
LED化をご検討の方は以下のバナーより是非ご任命下さい!

エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!

関連情報