高圧受電と低圧受電の違い

Pocket

❖低圧受電高圧受電の違い

電気を利用するには大きく分けて低圧受電の契約と高圧受電の契約の2つがあります。使用する電気の量によって低圧受電か高圧受電かに分かれます。また、電力会社によって電気料金のメニューも異なります。

低圧受電と高圧受電の2種類はどのようにして区分けされるかというと契約電力の目安が50kwとなっています。

契約電力50Kw以下であれば低圧受電方式で利用し50kw以上であれば高圧受電設備の方式で利用しなければなりません。

簡単に言えば電気の使用量が多ければ高圧受電。少なければ低圧受電ということです。

低圧受電は主に一般家庭や商店、小規模事業所など電気の使用量が少ない場所で利用され、高圧受電は主にビル、工場、学校、病院など電気の使用量が多い施設で利用されます。

低圧受電の仕組みは電力会社が管理しているトランス(変圧設備)があるのですが、(電柱を見上げると見たことがあるかとおもいますが大きなポリバケツのようなもの)6600Vで送られてくる高圧な電気を、このトランスで100Vや200Vに変圧され送り届けられます。

 

低圧受電と高圧受電の図

❖キュービクルとは

高圧受電の場合はキュービクルを自前で設置する必要がでてきます。キュービクルとは前述した電力会社の所有しているトランス(変圧設備)と同じもので発電所から送られてくる6600Vの電気を100Vや200Vに変圧するための金属製の大きな物置のような箱のことです。

このキュービクルは、ビルの屋上に設置されていたり、よく学校の裏などで見たことがあるのではないかと思います。「変電設備」のマークが入っています。

キュービクル

そしてこのキュービクルを自前で24時間使い続けなくてはいけないため電気事業法で定められている保安点検をしなくてはいけません。

キュービクルの保安点検は月次、年次で行う必要があり電気主任技術者などの人員を選任し電気の保安を確保していかなければなりません。

または関東電気保安協会などの指定法人へ委託することもできます。2004年の保安業務の自由化により民間企業も保安業務へ参入し安価なキュービクルの保安点検が広まりつつあります。

高圧受電低圧受電の固定費/変動費

・固定費

高圧受電の場合はキュービクルの維持費がかかってきます。定期的な保安点検をするのに関東電気保安協会や民間企業への保安を委託した場合の費用がかかってきます。低圧受電の場合は特に設備に係わる固定費はありません。

契約上の基本料金では高圧受電は高いですが使用量の単価は安くなっています。
高圧契約については別に詳しく説明していますが1年間で最も大きい最大需要電力を契約電力にしており、
基本料金単価×契約電力が基本料金となります。
逆に低圧受電の基本料金は安いですが使用量の単価は割高になります。

・変動費(使用量)

低圧受電で主な契約になるのが従量電灯です。この従量電灯の電気料金単価は使えば使うほど高くなる仕組みになっており電気料金単価は18円~29円(電力会社によって違う)です。
高圧契約の電気料金単価は13円~17円程度なので従量電灯に比べ割安になっています。

 

 

❖電力会社を変えて業務コストを削減できる時代

2016年の電力の前面自由化によりこれまで高圧のみだった電力の切り替えが低圧でもできるようになりました。電力の自由化は

これまでの決められた電力会社から電気を購入するのではなく自由に電力会社を選び購入ができる制度です。

これまでは・・・

国が定める一般電気事業者
北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の10社

が独占的に提供。

これからは・・・

「新電力」のと呼ばれる電気事業者が登場!!

新電力とは
発電は自分たちで行い供給網は大手電力会社に送電網の使用料を支払って借り契約者に電力を届ける事業者のこと

新規参入をした会社はたくさんあり、
それぞれ特徴がありますがそのなかでも特に代表的なのは大手石油会社のJXTGエネルギーです。

ガソリンスタンドのENEOSを運営していて自前の電源設備をもった新電力の会社で高圧から低圧まで幅広くサービスを提供しています。

たとえばJXTGエネルギーの低圧サービス「myでんき」は、お店や事務所、小さな工場などで、業務用空調設備、モーターなど動力で電気をご利用の方向けのサービスがありあます。

もちろん「myでんき」に切替えることで停電が起こりやすくなるといったことはなく電気の品質も今までと変わりません。

一般のご家庭用の電気も併せて「myでんき」にすることで、ご家庭と業務用両方の電気料金の削減が可能です。


❖まとめ

 

電気の利用(電気契約)するには高圧受電方式と低圧受電方式がある

 

高圧受電にはキュービクルを設置する必要がある。

 

キュービクルは小規模な変電所であり維持管理が義務付けられている。維持費がかかる

 

高圧受電は固定費は高いが電気料金単価は安い。低圧受電はその逆。

エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!
Pocket

関連情報