LED蛍光灯 バイパス工事

従来の蛍光灯からLED蛍光灯に交換するには電気工事士による工事が必要です。

LED蛍光灯のバイパス工事とは既存の安定器の線を切断しLEDランプと直結する配線工事のことです。

LEDは直流のため100Vまたは200Vで送られてきた交流をLED側の電源で直流に変換しLEDを点灯させます。

このバイパス工事の配線方法はLEDの構造によって異なりますが、給電方法が片側であれば片側配線を行ないます。両側給電であれば両端配線を行ないます。

メーカーやランプの種類などによって配線方式は変わるため事前に配線方法の確認を行うようにしましょう。

工事不要型LEDというものもありますがあまりオススメはできません。(その理由はコチラ)

下記は片側配線と両側配線の工事方法の説明ですがLEDランプは電源内蔵タイプとして説明しています。

❖片側給電方式のLED蛍光灯のバイパス工事について

片側給電

1灯式、2灯式の配線方法を解説します。

片側給電になっているので片側のピンは+-向きはどちらでも問題ありません。

配線は100Vまたは200Vの電源から直結します。直結をした側が給電されるのでランプの装着向きと器具の方向を一致させます。

万が一ランプの方向を逆にして装着した場合は点灯しません。

しかし、誤って装着してしまっても逆のピンはダミーになっているので点灯しないだけで安全性は保たれるので安心です。

とはいえ、度重なる間違いは作業効率の低下に繋がります。

装着方向の間違いを防止するには、装着方向を間違えないように給電側にシールを貼って対処するのがおすすめです。

片側配線方式のメリットとしては工事が簡単なため作業時間の短縮にもなります。

❖両側給電方式のLED蛍光灯のバイパス工事について

両側給電

次に両側給電方式のLED蛍光灯のバイパス工事について解説します。

両側給電の場合はLEDランプの両端に給電を行うのでランプの装着方向はどちらでも大丈夫です。

両側ともピンの片方を100Vまたは200Vの電源と配線を直結します。

片側配線と違い多少工事の手間はありますが誤挿入による不点灯はありません。

LED蛍光灯のバイパス工事の作業時間の目安について

作業員数/
LED本数
30本 50本 70本 90本 110本
1名 3時間~ 4時間~ 5時間~ 6時間~ 7時間~
2名 2時間~ 3時間~ 4時間~ 5時間~ 6時間~
3名 3時間~ 4時間~ 5時間~
4名 4時間~
5名
6名

LED蛍光灯のバイパス工事の作業時間の目安を表にまとめてみました。

表の通り、直管型LEDランプ(LED蛍光灯)のバイパス工事における作業時間は、作業員の人数と交換するランプの本数によって異なります。

また、作業環境(天井高、障害物、照明器具の種類など)によっても必要とする作業時間は変動するので、目安として参考にして頂ければ幸いです。

❖LED蛍光灯のバイパス工事のメリット

蛍光灯をバイパス工事するメリット

上で解説した通り、バイパス工事は比較的簡単な工事だと言えます。

それ以外にメリットはあるのか?を下記で解説します。参考にしてください。

安定器の交換のコストと手間がなくなる!

従来の蛍光灯器具は、ランプが不点灯になると「ランプ」もしくは「安定器」のどちらかを交換しなければ復旧できませんでした。

安定器寿命で不点灯となってしまった場合は、安定器を交換する電気工事が必要となるので、工事費用と安定器の購入費用がかかります。

《安定器の交換工事費用は\5,000~\15,000/台 程度が一般的。安定器本体の購入費用はラピッドスタート形(2 灯用)1 台\8,000 前後で、現在メーカーでの販売は終了しています。》

安定器の寿命は 10 年~15 年程度ですが、いざ交換となるとコストも手間もかかるため案外面倒です。

しかし、バイパス工事を行うことで既存安定器が不要となるので、今まで必要としていた交換のための工事費用と安定器の購入費用の両方を削減することができます!

また、ランプが不点灯となってしまった場合でも、新しいランプに付け替えるだけで安全に復旧させることができるのでメンテナンスも楽になります。

余計な電力を削減できる!

蛍光灯の消費電力はランプだけではありません。

蛍光灯を点灯させるための安定器にも電気は流れていて、5W程度の電力を消費しています。

しかし、バイパス工事を行うことで安定器が不要になるため、安定器に流れていた余計な電力も同時に削減することができます。

まとめ

今回のまとめ一覧
  • バイパス工事は既存安定器の線を切断しLEDランプと直結する配線工事のこと。
  • バイパス工事は比較的簡単に行うことができる。
  • バイパス工事を行うことで既存安定器は不要となる。
  • 安定器の交換費用も不要となる。
  • ランプのメンテナンスが楽になる。
  • 安定器に流れていた電力も削減できる。

今回はLED蛍光灯のバイパス工事について解説しました。

上のまとめ一覧の通り、バイパス工事を行うことで多くのメリットに期待できます。また、比較的簡単に工事を行うことができるというのもバイパス工事の魅力の一つです。

とはいえ、資格を持たない素人の方の交換工事は大変危険です!

オフィス・店舗・工場・公共施設などのLED照明のことならエネプラにお任せください。

お問い合わせ・お見積り~工事まで責任を持って担当させて頂きます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事