高圧受電と低圧受電の違い。

電気を利用するには大きく分けて低圧受電と高圧受電の2つがあります。

使用する電気の量によって低圧受電か高圧受電かに分かれ電力会社によって電気料金のメニューも異なります。

低圧受電と高圧受電の区分けは契約電力が50Kw以下であれば低圧受電、50kw以上であれば高圧受電となります。

簡単に言えば電気の使用量が多ければ高圧受電。少なければ低圧受電ということです。

低圧受電は主に一般家庭や商店、小規模事業所など電気の使用量が少ない場所で利用されます。

高圧受電は主にビル、工場、学校、病院など電気の使用量が多い施設で利用されます。

 

低圧受電と高圧受電設の仕組み

高圧受電と低圧受電

低圧受電

低圧受電は電力会社が管理しているトランス(変圧設備)を経由して送られてきます。このトランスによって6600Vで送られてくる高圧な電気を100Vや200Vに変圧しています。

主に電気の使用量の少ない一般家庭向けで戸建てや小規模ビルに供給されています。

低圧受電

 

トランスは電柱に設置されている大きなポリバケツのようなものです。電柱を見上げると、あっと思うかもしれません。

 

変圧器

 

高圧受電

高圧は電気の使用量が多い学校や商業施設、病院、工場などで使用されています。

高圧受電は低圧受電と違い自前でキュービクルを設置する必要があります。

高圧受電はこのキュービクルでを経由して発電所から送られてくる6600Vの電気を100Vや200Vに変圧し建物に電気を送り込んでいます。

キュービクルとは

キュービクルとは前述した電力会社の所有しているトランス(変圧設備)と同じもので金属製の大きな物置のような箱のことです。

このキュービクルは、ビルの屋上に設置されていたり、よく学校の裏などで見たことがあるのではないかと思います。

「変電設備」のマークが入っています。

キュービクル

そしてこのキュービクルを自前で24時間使い続けなくてはいけないため電気事業法で定められている保安点検をしなくてはいけません。

キュービクルの保安点検は月次、年次で行う必要があり電気主任技術者などの人員を選任し電気の保安を確保していかなければなりません。

または関東電気保安協会などの指定法人へ委託することもできます。2004年の保安業務の自由化により民間企業も保安業務へ参入し安価なキュービクルの保安点検が広まりつつあります。

高圧受電と低圧受電の料金

電気料金は高圧も低圧も「基本料金」と「使用量料金」の合計が電気代となっています。しかし高圧と低圧では電気料金の仕組みは全く違いす。

 

・固定費

高圧受電の場合は電気代の他にキュービクルの維持費がかかります。

定期的な保安点検をするのに関東電気保安協会や民間企業への保安を委託した場合の費用です。

低圧受電の場合は特に設備に係わる固定費はありません。

契約上の基本料金では高圧受電は高いですが使用量の単価は安くなっています。


高圧契約については別に詳しく説明していますが1年間で最も大きい最大需要電力を契約電力にしており、
基本料金単価×契約電力が基本料金となります。これをデマンド制と呼んでいます。


逆に低圧受電の基本料金は安いですが使用量の単価は割高になります。

・変動費(使用量)

低圧受電で主な契約になるのが従量電灯です。この従量電灯の電気料金単価は使えば使うほど高くなる仕組みになっており電気料金単価は18円~29円(電力会社によって違う)です。
高圧契約の電気料金単価は13円~17円程度なので従量電灯に比べ割安になっています。

 

 

❖電力会社を変えて業務コストを削減できる時代

2016年の電力の前面自由化によりこれまで高圧のみだった電力の切り替えが低圧でもできるようになりました。電力の自由化は

これまでの決められた電力会社から電気を購入するのではなく自由に電力会社を選び購入ができる制度です。

これまでは・・・

国が定める一般電気事業者
北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の10社

が独占的に提供。

これからは・・・

「新電力」のと呼ばれる電気事業者が登場!!

新電力とは発電は自分たちで行い供給網は大手電力会社に送電網の使用料を支払って借り契約者に電力を届ける事業者のことです。

新規参入をした会社はたくさんありますが代表的な新電力をまとめました。

業種電力会社
都市ガス・LPガス会社 東京ガス北海道ガス大阪ガス西部ガス静岡ガス中央セントラルガス
通信・TV 楽天でんきソフトバンクでんきauでんきJ:COM電力ハルエネeo電気
石油・エネルギーENEOSでんき昭和シェル石油
運輸・旅行 東急でんきHISでんきHTBエナジー
自治体・スポーツ水戸電力湘南電力みやまスマートエネルギー
小売・商社親指でんきまちエネ丸紅新電力スマ電
PPS(特定規模電気事業者)ミツウロコグリーンエネルギーLooopでんきナンワエナジーイーレックスF-Powerエネット

一括比較サイトを使うメリット

上記の新電力は一部にすぎません。

ではどの新電力の電気料金がお得なのか? どうやって選ぶのか? 

新電力によって提供しているエリア、電気料金はさまざまです。そのためユーザーにとっては、どの新電力を選べば良いのか分からないという声も多くあります。

そんな時に便利なサイトが一括比較サイトです。

一括比較サイトとは簡単な条件を入力するだけで複数の見積りができる便利なサイトのことです。

ただ一括比較というと複数の業者から電話があり煩わしいと思いますが、そういったことではありません。

新電力の場合、比較サイトのスタッフが複数の新電力の電気料金をまとめて提案してくれる仕組みになっています。

だからユーザーはその提案の中から一番条件の良い新電力を選ぶことができるので、電話対応に追われるわずらわしさがありません。


電気料金プランの比較はこちら

❖まとめ

 

電気の利用(電気契約)するには高圧受電方式と低圧受電方式がある

 

高圧受電にはキュービクルを設置する必要がある。

 

キュービクルは小規模な変電所であり維持管理が義務付けられている。維持費がかかる

 

高圧受電は固定費は高いが電気料金単価は安い。低圧受電はその逆。

関連情報