水銀灯からLED水銀灯への交換をご検討中の方へ

水銀灯

水銀灯をLED水銀灯に変えたい!と思ったときに気をつけるべきことやメリットは何があるでしょうか。

今回は、

・水銀灯からLEDへの交換は、工事必要タイプと工事不要タイプの2種類から選択

・水銀灯からLEDへの交換をおススメする2つの大きなメリット

・水銀灯からLEDへの切り替え時の注意点

についてご説明したいと思います。

 

❖水銀灯からLEDへの交換は、工事必要タイプと工事不要タイプの2種類から選択

水銀灯からLED水銀灯への交換は、大きく2種類から選ぶことができます。1つは工事必要タイプ(安定器不要、器具交換タイプ)、もう1つは工事不要タイプ(安定器交換不要タイプ)です。

どちらのタイプにもメリット・デメリットがありますが、いずれも省エネ効果は大きく期待できます。

水銀灯や蛍光灯などは点灯するために「安定器」という機器を使用します。しかし、LEDはLED専用の電源を使用するため、LEDを点灯する際に安定器は不要となります。

工事必要タイプと工事不要タイプの主な違いとしては、その「安定器」を工事で外すかそのまま安定器を利用するのかの違いとなります。

電気工事が必要な水銀灯

電気工事が必要な場合、LEDへの交換方法は2パターン考えられます。器具そのものを交換する方法と安定器を切断しランプ交換をする方法です。どちらも電気工事が必要です。

おすすめは器具ごと交換する方法です。理由は高所にあるためランプ交換では照度不足になる可能性がでることがあります。

もう一つは障害です。ランプ交換の施工方法にもよりますがセードをそのまま利用してしまうと放熱ができず故障の原因になることがあります。

メリット

・安定器の寿命で不点灯を起こすことがなくなります。

・長寿命のため、交換までのスパンが長く省エネ

・LEDに最適な形状・使用方法なので効率よく最大限の明るさが得られる

デメリット

・電気工事が必要のためイニシャルコストがかかる。

・故障の時の交換作業が大変。高所作業が必要になるため。

電気工事が不要な水銀灯(バラストレス水銀ランプ)

メリット

バラストレス水銀ランプは水銀灯の中でも安定器を持たな水銀灯でバラストレスランプと呼ばれています。主に屋外の看板などに使用されていますが、LEDに交換する場合は安定器が無いため電気工事を必要としません。ランプの交換をすれば点灯するので安価に交換できることがメリットです。

デメリット

しかしデメリットは看板などの高い場所に取付けられているため場合によっては高所作業者が必要にることもあります。電気工事は不要でも高所の交換作業としては費用が発生する可能性があることがデメリットになります。

 

 

どちらのタイプにもメリット・デメリットがありますが、交換場所に合わせたLED水銀灯を選びましょう。

 

ちなみに、「水銀に関する水俣条約」により、2020年以降水銀製品の製造や輸出入が制限されます。「製造・輸出入が禁止される水銀添加製品」に指定されている水銀灯を使用されている場合は、2020年以降使用が困難になりますので、LED照明などに交換する必要があります。

LED水銀灯は省エネ効果が期待できますので、早めの検討がおススメです。

 

❖水銀灯からLEDへの交換をおススメする2つの大きなメリット

水銀灯からLED水銀灯へ交換した場合のメリットは、主に2つあります。

1点目は、何よりも電気料金の削減です。LED照明は、消費電力が小さいため、電気料金を抑えることができます。一般的な水銀灯からLED水銀灯に交換すると約1/4の電気料金に抑えられると言われています。電気代の削減効果は導入した時点から得られますので、早めの交換がおススメです!

2点目は、照明自体の寿命が長い点です。LED照明は、長寿命ですので、交換が困難な場所にも適した照明といえます。また、寿命が延びるということは、取替えにかかる工事費用など目に見えにくい間接コストも同時に抑えることができますので、この点でも省エネです。

 

❖水銀灯からLEDへの切り替え時の注意点

 

水銀灯からLED照明へ交換する際に注意すべきことは大きく4つあります。

取り付け場所の耐荷重の確認

照明のサイズ・外形により、設置できるかの確認

発光方法の違いによる明るさの確認

発光方法の違いによる室温の変化

 

順にご説明いたします。

取り付け場所の耐荷重の確認

既存の水銀灯と比べてLED照明が重いケースがあり、取り付け場所がLED照明の重量に耐えられないケースがあります。同じ梁に複数取り付ける際など、総重量を考慮する必要があります。

 

照明サイズ・外形により、設置できるかの確認

既存の水銀灯とサイズ・外形が異なりますので、水銀灯と同じ場所への取り付けを予定している場合、同じ場所に設置できない可能性があります。LED照明用の取り付け金具がつけられない、カサや梁が壁等の障害物に当たってしまう場合などは位置を変えて設置する必要があります。

 

発光方法の違いによる明るさの確認

発光の仕方が水銀灯と異なるので、照らしたい場所、方向に明かりが届かない場合があります。また、逆に以前照らされなかったところを照らせるようになる場合もあります。(ただし、カサの角度や照明の方向、拡散パネルの設置等で解消できる可能性もあります)

 

発光方法の違いによる室温の変化

LED照明は水銀灯に比べて発熱温度が低いので、室温が変わります。水銀灯の熱が高すぎるため設置できなかった場所にも使用できる可能性があります。反対にLED照明は水銀灯よりも外からの熱に弱い傾向にありますので、大型機械の真上など熱量が高すぎる場所には設置できない場合があるので事前に確認をしましょう。

 

❖まとめ

・LED水銀灯への交換は、工事必要タイプと工事不要タイプの2種類から選べ、
メリット・デメリットがあるので、どちらが最適か判断

・LED水銀灯への交換は、電気料金の削減・長寿命のメリットがある

・LED水銀灯への切換え時は、取り付け場所の耐荷重、設置可否、発光方法の違いによる明るさや室温の変化に注意!

関連情報