業務用エアコン暖房の賢い使い方。室内を効果的に暖める方法

業務用エアコン 暖房効果

業務用エアコン暖房は、寒い冬は特にフル運転。できれば早く、そして経済的に室内を暖めたいですよね。そこで今回は、業務用エアコン暖房の効果的な活用方法をご紹介します。

工夫することで室内をすぐに暖めることができますし、節電にもつながるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エアコンをつけているのに寒いのはなぜ?

エアコン 寒い

 

「エアコンを付けているのに寒い…。」そんな風に感じることありますよね。

エアコンの設定温度を高くしても、暖かい空気は室内の上部に滞留するので、人が座っている場所は寒く感じる場合も多いのです。

オフィス内が暖まらないと思って設定温度を高くすると、消費電力だけが多くなり、結果的に電気代が高くなってしまいます。


より早く部屋を暖め、室内の上部と下部の温度差を無くすためには、サーキュレーターを使用するのがおすすめです
サーキュレーターは直線に向かって風を当てることができるので、ちょうど良い場所に設置すればエアコン暖房を室内の隅まで行き渡らせることが可能です。

とある実験では、サーキュレーターで部屋の空気を循環させるだけで、室内の温度が2℃も上昇しています。

サーキュレーターは小型でオフィス内に置いても邪魔になりません。つい冬は設定温度を上げてしまいがちだという方は、ぜひオフィスにサーキュレーターを取り入れてみてください。

暖房の節電には“サーキュレーター”が最適

サーキュレーター

エアコンは設定温度になるまでが最も電力を消費し、電気代がかかります。そのため、サーキュレーターでエアコン暖房の暖かい空気を早く循環させることで、早く室温が設定温度となるので節電につながるのです。

ただ、設定温度になった後も「暖房」にしておくと消費電力は高くなってしまうので、ある程度暖まったら「送風」に設定し、サーキュレーターで暖かい空気を循環させるようにしましょう。

サーキュレーターの効果的な置き場所

サーキュレーターはオフィス内のどこに置くかによって効果が異なります。

強い風を起こしても、室内の空気が循環しない場所に置いてしまうと部屋は暖まらないので、使用する際は置き場所に注意しましょう。


最適な置き場所はエアコンの真下です
。エアコンに直接風が当たるようにサーキュレーターを動かすのではなく、エアコン側の壁向かってサーキュレーターを設置することで、よりエアコンから発生した暖かい空気が部屋全体に循環されます。

サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーターは主に空気を循環させるもので、直線的に強い風を発生させます。

扇風機は室内を涼しくするもので、サーキュレーターよりも広範囲に広く風を発生させます。

2つにはこのような違いがありますが、現在は、サーキュレーターと扇風機それぞれの機能を併用した機種も販売されているので、どちらも使ってみたい方は一度チェックしてみると良いでしょう。

エアコンとサーキュレーター併用での節電効果

エアコンでは、設定温度になるまでが最も電力を消費するといわれています。

エアコン暖房をただ付けておくよりも、サーキュレーターを使用して空気を循環させた方が、より早く室内が暖まるので、節電効果が大いに期待できます。

また、設定温度になった後は、リモコンを自動運転で送風にするのがおすすめです。こうすることで、室内の温度が長く保たれますし、節電効果が期待できます。

 

ブラインドやカーテンで保温効果UP

ブラインド

 

冬になると、室内の熱の60%は窓から出ていってしまうといわれています。

エアコンを使っているのに室内が寒く感じるのは、空気の循環も関係していますが、窓から熱が逃げているのかもしれません。

そんな時は、夕方から夜にブラインドやカーテンを閉めることで、より熱も逃げにくくなり、室内の保湿効果も高まるのでおすすめです。中には保湿効果が期待できる専用のカーテンや遮熱フィルムも販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

 

室内の湿度が保たれると、乾燥するよりも体が温かく感じるといわれています。室内の保湿は体感温度を高めるだけではなく、結果的に節電にもつながります。

昼間の太陽熱を取り込む

オフィス エアコン

 

 


エアコンの暖房に加えて、昼間の太陽熱をうまく室内へ取り入れれば、より暖かく過ごすことができます。

最も効果的な方法は窓を広くすることです。ですがこれだと改装する必要があるので、カーテンやブラインドで閉めている窓があるなら、日中はなるべく開けるようにしましょす。こうすることで採光性が高まります。

また、光を反射し拡散する色である白を、オフィスのテーブルやイスといったインテリアに使用することでより太陽光を室内に取り入れることができます。

室内も自然と明るくなり、爽やかな気持ちになれるのもメリットです。

まとめ

業務用エアコン暖房をより賢く使うには、サーキュレーターを使用して室内の空気を循環させることが最も効果的です。

カーテンやブラインドの保湿効果で体感温度を高めることや、白いインテリアを活用して、太陽光を取り入れることも室内の温度を保つことに繋がります。

さらに、これらの方法は節電にもつながるので、ぜひ活用してください。

 

エネプラ.comでは業務用エアコンの機種選定から設置までトータル的に省エネに関するご提案をしています。業務用エアコンのことでご相談があればお気軽にお問合せ下さい。

 

関連情報