電力自由化でお得な新電力を選ぶ基準

Pocket

❖電力自由化でお得な新電力を選ぶ基準

2016年8月4日現在の新電力事業者数は既に300社を超えています。その中であなたはどこの新電力を選びますか?またどうやって選びますか?

既にインターネットでは多くの比較サイトやランキングサイトなどが数多くあり、各社のサービスの特徴や料金プランが紹介されています。中には現在の契約内容を入力することで、あなたに最適なプランと新電力の会社を選んでくれるサイトもあります。

いわゆる一括サイト的なものですが、本当にそのシュミレーション結果が最適なものであるか判断するのは難しいかもしれません。なぜなら他のサイトで一括見積りをした場合、必ずしも同じ結果にならないため参考程度にしておきましょう。

ランキングサイトや比較サイトで重宝するのは商品(物)の購入をするときです。
商品ならレビューなどが参考になり購入の後押しになりますが、電気は契約内容や使い方、地域などの条件で変わるため比較が難しいのです。

ではどうしたら良いのか。

新電力は現時点では300社を超えます。
その中からあなたにあった新電力を見つけるのに重要なことは「基準」を決めることです。

電気は私たちの生活や仕事などに関わる非常に大切なインフラです。万が一停電が起これば生命の危機にもつながってしまう恐れもあるのです。
価格、セットプラン、発電方法、会社規模などライフスタイルに合わせた選び方ができますが、新電力を選ぶ上でもっとも重要なことは「信頼性」です。先にも述べた通り電気は重要なインフラです。そのインフラを任せても良いと確信できる新で力を選ぶことです。

 

※新電力はどこを選んでも電気の供給がストップすることはありませんが、新電力の発電所が停止しても接続供給契約により、電力会社が不足分を補填するため、停電することはありません。故障・災害時に万が一停電が発生した場合、一般送配電事業者(東京電力パワーグリッド、関西電力、中部電力など)が故障・復旧に当ります。
ここでいう信頼性はあくまで新電力を選ぶための基準です。

 

・「信頼性」から選ぶとは

300社もある新電力の中には大手企業もあれば中堅企業もあります。大手企業でも異業種から新規参入などもあります。大手企業と言っても老舗の大手もあれば、マザーズなど新興企業もあるでしょう。当然名前も聞いた事のないような事業者がほとんどになるかと思います。

例えば新電力の最大手でシェアNO.1のエネットという会社はご存知でしょうか?
この聞きなれない社名が新電力では老舗でありシェアNO.1を獲得しているのです。この会社は株式会社NTT ファシリティーズ、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社が共同出資しています。「NTT」や「ガス」会社なら信頼性もあり安心してできるという事になるかと思います。

次に東燃ゼネラル石油という会社はどうでしょう?
石油会社なのはなんとなくわかるかと思いますが、メジャーな社名でないので知らない人の方が多いでしょう。

ではエッソ、モービル、ゼネラルはどうでしょう。
このガソリンスタンドやオイルのブランドを運営している会社が東燃ゼネラル石油です。会社名よりブランド名の方が知られている会社ではないでしょうか。東燃ゼネラル石油は自家発電設備も保有しおり、現在も新たに建設中であり、自社で電気を発電し供給できる能力のある会社であるため、やはり信頼度の高い事業者の候補となるのではないでしょうか。

その他には通信インフラをもった事業者なども信頼度は高いのではないでしょうか。ソフトバンク(ソフトバンクでんき)やauでんき、KDDIなどです。商社系では丸紅、三井物産、伊藤忠商事なども参入しています。

不動産系やIT系などたくさんの事業者が参入しています。信頼性とは、このようなバックボーンをもった事業者になってくるのではないでしょうか。

中堅企業の新規参入で自家発電設備のない新電力もあります。そのような新電力は、電気を卸売市場から調達し販売(供給)していきます。自家発電設備を持った新電力が万が一、その発電能力を超える供給を必要とした場合は卸売市場から調達し供給することになります。

 

❖サービスの特徴をつかむ

各新電力は自社の強みを生かしたサービスを展開することで差別化を図っています。

例えば石油系のJXエネルギーはガソリンスタンドのENEOSを運営していますが、自社の強みであるガソリンの割引サービスがセットになっていたり、Tポイントが貯まったり独自ポイントの加算や長期割りなど、付加価値がついてきます。

ENEOSを良く利用するユーザーやTポイントを貯めているユーザーにとって会社の信頼度も高いことも踏まえると、おススメ度が高い新電力になるかと思います。ただしJXエネルギーが提供しているのは低圧受電のみとなりますので、高圧契約の場合は今現在では加入することはできないようです。

「ソフトバンクでんき」は当然ながらスマートフォンとセットでお得になるプランや、Tポイントが貯まるプランや、支払を携帯電話と合算できたりと便利なサービスを強みとしています。あなたがソフトバンクのスマートフォンの利用者なら、おススメできる新電力になるでしょう。

また面白いのが旅行会社で有名なHIS Echange H.I.S.です。電力とは全く関係ない会社なので信頼性はということがありますが、HISははHTBエナジーという電力会社が電気を提供しHISが電力販売をサポートしています。

※HTBエナジーはハウステンボスから生まれた電力会社。
再生可能エネルギーやLNG火力発電等クリーンエネルギーを中心とした電源の開発を行い電力供給をしています

HISのサービスは今より5%安くなることを保障するといった内容です。他にも旅行会社の強みを生かしマイルが貯まるなどのサービスを展開しています。

 

❖まとめ

まず重要なことは信頼性の高い事業者を見極めること。そしてサービスがあなたの使い方と相性が良いものなのかを見極めることです。電気単品で安さを売りにしている新電力もあれば、スマホやTポイントをセットにして自社の強みを生かしたセットプラン展開をしている新電力もあるため、一概にサービスを比べることは難しのではないでしょうか。

エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!
Pocket

関連情報