レフランプをLED電球に交換するポイント

Pocket

LEDハロゲンランプ

レフランプからLED電球への交換には2つの選択肢があります。ひとつはレフ型LED電球への交換ですが、もう一つはクリプトン型LED電球への交換です。ここではレフランプとクリプトン電球の違いと正しいLED電球への交換について解説します。

レフランプクリプトン電球の違いとは

レフランプとは反射鏡を使って光を一方方向に集めた白熱電球です。通常の白熱電球は光が拡散しますがレフランプは反射鏡を使う事で光を効率的に集め前方向になるように設計されています。

用途は壁面や絵画、モニュメント、メニューボードなどをピンポイントで照らすためスポットライトやダウンライトとして使用されます。また口金サイズはE17とE26があり屋内はミニレフランプまたはレフランプが使用されます。屋外では看板用や高天井照明としてE26のレフランプが使用されます。

ミニレフランプ(E17)の消費電力は25W~40W、屋内外用のレフランプ(E26)は40形~300形まで幅広くラインナップされてます。発光原理は白熱電球と同じなので色味は全て電球色(暖色)となります。

・レフランプの仕組み

ガラス球内面にアルミニウム反射鏡を設け、光を前方へ集中させることができる白熱電球です。

 

クリプトン電球とはアルゴンガスを使わずクリプトンガスと呼ばれる気体を封入することでランプ効率を向上させた白熱電球です。クリプトンガスはアルゴンガスに比べフィラメントの蒸発を抑制することができるため通常の白熱電球に比べ寿命が長いのが特徴です。

ただ寿命が長いといっても約2,000時間程度のため、LEDの40,000時間と比較すると1/20の差があります。小型化されているため口金E17でミニクリプトンと呼ばれて消費電力は25W形~100W形まで幅広いラインナップがあります。

通常の白熱電球にはガラス内部にアルゴンガスが封入されているのが一般的です。封入されるガスにより様々な種類のランプに変化し高効率・長寿命化されます。

レフランプからLED電球への交換は基本的に口金サイズを合わせと明るさが同等であればレフ形LED電球でもクリプトン形LED電球のどちらで交換しても問題はありません。ただ器具の形状やランプの大きさによっては器具に収まらない場合もあるので注意は必要です。

要するににLED電球の光源はLEDという半導体であり発光原理は同じである為、
レフ形とクリプトンは、形こそ異なるが同様だと言えます

問題は明るさを合わせることです。口金サイズを合わせることは簡単ですが、LED電球はワット数で明るさを比較できません。例えばレフランプが60Wだとした場合、何WのLED電球が最適(同等)なのか直感的に判断しづらくなっています。

LED電球の明るさはJIS規格でも決まっていて照明工業会でもガイドラインが定められていて「〇〇W相当≒〇〇ルーメン以上」のようにルーメン数で明るさを表記しています。
恐らくほとんどの商品は、このような表記があるかと思うので必ず商品パッケージまたは商品説明で確認をするようにしましょう。

 

❖レフランプからLED電球の省エネ効果

レフランプからLED電球にすると電気代は今までの約1/10程度になります。レフランプは白熱電球なのでLED化の効果は絶大です。数が多くなれば効果も大きくなるためレフランプを使用していたら迷わずLED電球にすることをおススメします。

 

❖レフランプ形LED電球が人気!!

レフランプ形LED電球はランプ本体が白なので壁や天井と調和がしやすいオシャレなLED電球です。口金もE26なので白熱電球の代替として使用できます。

色味は白熱電球のような暖かみのあるオレンジ色(2800K)の光だから飲食店などに最適です。60W相当で450ルーメンなので非常に明るく省エネ効果の高いLEDです。

 

配光角は60度と広角なので、メニューボードやモニュメント、壁面や絵画などへのスポットライトやダウンライト、お部屋のベースライト、演出照明などとして使用することが出来ます。

エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!
Pocket

関連情報