LED見積り比較サイトを上手に利用する方法

❖LEDの見積り比較サイトを上手に利用する方法

オフィスや工場、店舗で使用される照明は蛍光灯や水銀灯、ハロゲンランプなど特殊で工事を伴うものが沢山あります。そのためLED化には専門業者に商品の選定や工事をしてもらう必要があります。

 

ここで簡単でないのがLED照明を取り扱う業者選定です。

 

ここでいう業者とはLEDを取り扱っているLED専門の業者のことで電気工事店ではありません。こういった専門業者に依頼をすれば現状に合わせたLED選びから工事までトータルでしてくれます。

 

ただ、こうした法人向けの専門業者は全国にたくさんあり、地域密着型もあれば全国展開している大手もあります。他にもオフィスや工場を得意とする業者もいれば店舗の電球を得意としたり、エスコ方式で建物全体の省エネ化をすることを得意とする業者、補助金や助成金を利用しながら省エネ化コンサルティングをする業者などさまざまです。

 

このように同じLEDを扱っていても業者によって違うことを押さえておくことが大切です。
知り合いに信頼できる業者がいれば良いのですが、そうでなければインターネットで業者を探すことになりますが、
1件ごとに探していては大変な作業になってしまいます。

 

そこで利用するのが「見積比較サイト」です。

 

見積比較サイトとはサイト運営業者が販売業者に一斉に見積もり依頼をし、
ユーザーは一括で見積りを比較できる便利なサイトです。

ユーザーはネットで業者を1件1件探し回る手間を省けるので時間の短縮になります。比較サイトはLED照明に限らず様々な業種・商品があります。代表的な比較サイトは車検や保険、引越しが多いのではないでしょか。

企業であれば複数社の相見積もりをとることは当たり前です。そして担当者にとって見積りを一括で取得できることは非常にありがたいことです。しかし比較サイトにはメリットもありますがデメリットもあります。

 

ここでは「LED照明の比較サイト」の上手な使い方について解説していきます。
 
比較サイトの例

  • 車検の比較サイト
  • 保険の比較サイト
  • 引越し比較サイト
  • ビジネスホン比較サイト
  • 複合機の比較サイト
  • 携帯電話の比較サイト
  • 翻訳の比較サイト

上記はいずれも一括して見積り依頼ができる代表的な商品(業種)です。

 

❖LED一括見積りサイトのメリットとデメリット

・メリット

ユーザーは一括で複数の業者から見積りを取得できるため手間がかからず時短になることがメリットです。また相見積もりによって相場感を知ることができるため、金額の妥当性を判断することもできます。特にLED照明のように工事が関わるような商品は業者ごとに比較しなければ相場感はわかりません。

LED照明の場合は市場ニーズが高いため登録業者の数も非常に多くなります。地域によって提出される見積りの数は異なりますが業者の対応可能エリアによって変わってきます。東京をはじめとする主要都市では多くの見積りを得ることが期待できますが地方などでは減少してしまう可能性はあるでしょう。

相見積もりという意味では各社に見積もりをとって価格の安さを競わせることでは手っ取り早いですが、販売業者からすると常に相見積りが強いられます。(ユーザーにとってありがたいこと)

そこでユーザーとして注意する点は販売業者の営業方法をみることです。最初は電話でのヒアリングになりますがLEDの場合、簡単に見積もれるケースと見積もれないケースがあります。

オフィスなど蛍光灯中心であれば最初のヒアリングだけで概算の見積りは出せる可能性は高いですが、
工場や店舗・施設などは簡単に見積りをすることは通常できません。

LED照明は現場の状況によって工事費用が大きく変わることと、照明器具の状況を現場で確認しなければ該当するLEDを選ぶことが難しいからです。

ヒアリングからでは商品の選定・工事費用の算出が難しいため現場調査を実施したうえで見積りをしなければ価格の妥当性がありません。一時見積りだからとアバウトに提出させても比較の材料にもなりません。

せっかく相見積もりの状況を手軽に作れているのですから、
現地調査をしてもらった上で見積りをもらうようにしましょう。後から現地調査で価格が上がりました、では何のための見積り比較か分からなくなってしまいます。

また契約前の現地調査は無料なのかは確認しましょう。通常は工事人を派遣することで人件費や交通費などの諸経費が掛かるため費用が発生しますが、業者によっては無料で対応してくれるところも多くあります。後から請求されないように無料かどうかは確認しておきましょう。

その他にも数のカウント間違えによる商品の増減や照明が数種類あることでの選定間違いなどがあります。現地調査をしたうえでフィックスした商品数、金額であれば後からこのような間違いがあっても追加費用にならないように抑えておくのがよいでしょう。販売業者との相談のうえで間違いないようにしておきましょう。

・デメリット

逆に一括比較でのデメリットは何社からも電話やメールがくることのわずらわしさです。。
LEDの見積りをしっかり出してもらうには現地調査も必要になることを考えたら1社ずつ対応することで逆に時間も労力もかかる可能性もでてしまいます。これでは本末転倒になってしまうので、どこかでしっかりと打ち切るなどして対応するようにしましょう。

多くても3社程度比較すれば相場感は判断できるでしょう。良く10社ほど比較している人もいますが10社に概算見積りさせるくらいなら2社にしっかり現地調査をしてもらい比較したほうが間違いありません。(10社バッチリ現地調査できる時間、労力があれば別ですが)

価格も大事な判断材料ですが営業の対応スピード(レスポンスの速さ)、見積り・提案書の信憑性、会社の信用性なども考慮しトータル的に判断するようにしましょう。

一括比較サイトの利便性と相見積りの取り方、業者の見極めるポイントを押さえ、あなたにあった業者を見つけましょう。

 

エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!

関連情報