ハロゲンランプ口金の種類とPAR形ハロゲン

ハロゲンランプの口金

ハロゲンランプの口金の種類は実に20種類以上も存在します。
照明ではスポットライトで使われるE11の口金が最も多く使用されています。
その他にも自動車や映像機器、舞台照明プロジェクター、光学機器、投光器など幅広い用途として使用され大きさや口金、電圧など種類によって様々なものがあります。

照明で使われるハロゲンランプの口金はE11で100V用となっていますが電子トランスによって12Vに変圧して使われるハロゲンランプも存在します。
その口金はZ10が多く使用されていますが、GU5.3やGZなどのピン式の口金もあります。
この12Vハロゲンランプはヨーロッパの規格のものが日本に渡ってきたものです。

 

❖ハロゲンランプの種類と用途一覧表

ハロゲンランプにはJDRとJRの2種類があります。JDRは日本独自の100Vで作られたハロゲンランプですがJRはヨーロッパで12Vまで落として使用されるハロゲンランプが日本に渡って使用されているハロゲンランプです。

口金 電圧 使用用途
E11 100V 一般照明
EZ10 12V 一般照明
GX5.3 ランプにより異なる(10.8V~36V) 映像機器、光学機器、舞台照明
GZ6.35 ランプにより異なる(8V~15V) 光学機器
G5.3 ランプにより異なる(8V~15V) 一般照明
GY5.3 ランプにより異なる(12V~24V) 一般照明
GX5.3 ランプにより異なる(82V~125V) プロジェクター、光学機器
GZ4 ランプにより異なる(6V~14V) 医療機器、映写機、プロジェクター
G5.3 12V(JCR/M) 一般照明
GX7.9 ランプにより異なる(21V~24V)
G7.9 120V
GU5.3 12V 一般照明
EZ10 12V 一般照明
E17 100V 一般照明
E26 100V 一般照明
EMEP 100V 一般照明
MEP 100V 舞台照明、写真スタジオ
GX9.5 100V 舞台照明、演出照明
GYX9.5 ランプにより異なる(24V~200V) 舞台照明、演出照明
GY9.5 100V 写真スタジオ
GV6.35 12V 一般照明、スタンド照明
GY4 24V 一般照明
GX6.35 26V
GU4 12V ショーケース
G9.5 100V 舞台照明、写真スタジオ
G9.5HPL 100V 舞台照明、写真スタジオ
G4 ランプにより異なる(3.6V~12V) 一般照明
EU11 100V 施設照明
BA15d 12V 施設照明
BA15s 12V
R7s 100V 投光器

 

❖ハロゲンで使用されるPAR形とは

PARとはParabolic Aluminum Refrector(パラボリック アルミニウム リフレクタ)の略のことで主に舞台照明や演出照明に使用されるランプの規格です。

Parabolic(パラボリック)はミラーの形状を湾曲させ光が放射線を描くように放出される事
Aluminum(アルミニウム)はランプ内の反射板の素材
Refrector(リフレクタ)で反射板タイプのランプ

主に店舗でのスポットライトや商業施設、ホールなどのダウンライトに使用され、ガラス外形が64ミリ(PAR20形)、95ミリ(PAR30形)、113ミリ(PAR36形)、204ミリ(PAR64形)と呼ばれPAR形の種類によって明るさ、大きさが異なります。

 

PAR20形ハロゲンランプ
ガラス外形64ミリ
PAR30形ハロゲンランプ
ガラス外形95ミリ
PAR36形ハロゲンランプ
ガラス外形113ミリ

ハロゲンランプハロゲンランプ

GE(日立)記号K6
ハロゲン電球 PAR形 屋内用
店舗のスポット照明や地下街やホールのダウンライト

ハロゲンランプハロゲンランプ

GE(日立)記号K9
ハロゲン電球PAR形
店舗のスポット照明や地下街やホールのダウンライト

ハロゲンランプハロゲンランプ

GE(日立)記号K9
ハロゲン電球PAR形
店舗のスポット照明や地下街やホールのダウンライト

PAR64形ハロゲンランプ
ガラス外形204ミリ

ハロゲンランプハロゲンランプ

【用途】
・商業施設用/屋外照明用
・TV、写真スタジオ/舞台照明用
・投光器

 

エネプラ.comお勧めLED電球

当たり前のように思われるかもしれませんが、やはり国内大手メーカーのLED電球がお勧めです。
その理由は、品質と保証にあります。性能もさることながら、大手メーカー製なので品質についても安全安心であり、何かあった場合もしっかりと保証があるのでアフターケアもバッチリです。

LEDランプやLED蛍光灯は消耗品ですので何かあった際に保証してくれる体制がしっかりとあると安心ですね。
国内大手メーカー以外が駄目だというわけでは決してありませんが、値段が安くても品質や保証が怪しいものだと、
すぐに壊れてしまい修理や買い替えなどで却って高くなってしまうケースもあります。
LED照明を購入される際は、値段と性能以外にもメーカーと保証期間についても見てみるといいかもしれません。

 

※高品質で保証もバッチリなオススメのLED電球を紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。



エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!



関連情報