学校・塾の照明環境

Pocket

❖学校・塾で使用されている照明

学校では照明の数が多く電気代などに大きく影響してきます。
その為、消費電力を抑えることで電気代の削減や照明の交換頻度を減らすことができます。
適した明るさにすることで、文字がくっきり見えるようになり集中できる環境になります。

また誤って蛍光灯を割ってしまってもガラスが飛散しないので怪我を減らすことができ、安全です。

 

 

教室や廊下

教室や廊下では直管の蛍光灯が使用されております。

 インバーター蛍光灯Hf32形2灯直管蛍光灯(71W)

 

 

ノートを取る際や教科書を見るときに適した明るさや広範囲を照らすものが使われます。

 

 

体育館

体育館では高天井用照明を使用しております。

 水銀ランプ250形高天井用照明(275W)

 

 

体育館は天井が高いので遠くまで光が届く、高天井用が使われます。

 

 

校庭

校庭では照度の高い水銀ランプの投光器を使用しております。

水銀ランプ700形投光器(735W)

 

 

遠くまで光が届くもので屋外タイプのものが使われます。

 

 

 

❖LED照明のメリット

① 素材がフィラメントやガラスではないため、割れて破片が飛び散り子供達が怪我をする心配がなくなります。

② 長寿命のLEDを導入する事で交換回数が減り、授業中に電気が切れる可能性が減るので、授業の妨げになるのを防げます。

③ 授業中は先生も生徒も目を使っています。目に優しいLEDを使用する事で、目の疲れの負担を軽減する事ができます。

 

 

Pocket

関連情報