介護施設の照明環境

Pocket

❖介護施設で使用されている照明

介護施設は照明を24時間稼働している事が多く、電気代や照明の寿命に大きく影響してきます。
その為、既存の照明をLEDに変更すると約50%の消費電力を削減でき、照明の交換回数を減らす事ができるようになっています。

また利用者様が快適に過ごせるように、直接照明だけではなく間接照明も多く使用されております。
高齢者の方は直接照明だと眩しく感じる方も多いので、間接照明の光のほうが適しており、明るさや色温度の調整が可能な照明器具を使用している事も多いです。

 

 

共有スペース(団らん室)

共有スペースでは主にダウンライトやスクエア型の照明が使用されております。

 

 コンパクト蛍光灯FDL27形ダウンライト(34W)

 

 コンパクト蛍光灯FPL36形3灯スクエア照明(136W)

 

 

 

高齢者の方にも眩しすぎない暖かみのある光を出すことが可能です。

 

 

各居住スペース

各居住スペースではシーリングライトが使用されております。

 丸型蛍光灯FCL32+FCL40シーリングライト照明(80W)

 

 

光の調整が可能で昼間は明るい光を浴び、夜は光を抑えることで
生体リズムを整えることができます。

 

 

調理場や洗い場・浴室

調理場や洗い場ではブラケットの照明が使用されております。  直管蛍光灯Hf32形ブラケット照明(35W)

 

 白熱電球40形浴室灯(40W)

 

 

調理場や洗い場・浴室では水を扱うので防水タイプのものや、
防湿タイプのものが多く使われます。

 

 

 

 

❖LED照明のメリット

① 素材がフィラメントやガラスではないため、割れて破片が飛び散り利用者様が怪我をする心配がなくなります。

②介護施設では様々な方が利用している為、日中帯は激しく人が往来します。施設内において、長寿命のLED照明を導入する事でランプ交換回数が減り、作転倒事故等で利用者様を巻き込んでしまう事故発生のリスクを減らすことができます。

③昼間は明るい光を浴び、夜は明るさを抑えることで、生体リズムが整い、健康に配慮する事で心身ともに快適な生活につながります。

④24時間点灯していることが多い事務所の照明の電気代が抑えられます。

 

 

Pocket

関連情報