スーパーマーケットの照明環境

Pocket

❖スーパーマーケットで使用されている照明

スーパーマーケットの照明は、商品の彩りをよく見せる為に暖色系の照明を利用していることが多いです。

商品本来の持ち味や新鮮さをどう伝えるかで、お客様の購買意欲の上昇に繋がります。
その為、演色性の高いLEDや色温度の適したものを使うことで売り場の活性化に繋がるのです。

またLED照明は温度が上昇しづらいので、照明焼けによって商品が傷んでしまうことも減らすことができます。

 

 

スーパーマーケットの店内

スーパーマーケットの店内では主に直管型蛍光灯、スクエア型照明、ダウンライトを使用しております。

 

 インバーター蛍光灯Hf32形2灯直管蛍光灯(71W)

 

 コンパクト蛍光灯FPL36形3灯スクエア照明(136W)

 

 コンパクト蛍光灯FDL27形ダウンライト(34W)

 

 

基本的に明るく保つことで美味しそうに見え、購買意欲を高めることに繋がります。

 

 

目玉商品(ディスプレイ食品等)

特に目玉となる(注目してほしい)商品に対しては、際立たせるためにスポットライトを使用することが多いです。

 ダイクロハロゲンランプ65形(E11)スポットライト(65W)

 

 

他の場所とメリハリをつけることで目立つようになります。

 

 

事務室

事務室では一般的なオフィスと同じ直管型の照明を使用しております。

 蛍光灯FLR40形2灯直管蛍光灯(85W)

 

 

事務作業をする場所では書類等が見やすいよう直管型の照明が使われています。

 

 

 

❖LED照明のメリット

 

①素材がフィラメントやガラスではないため、割れて破片が飛び散りお客様が怪我をする心配が少なくなります。

②鮮魚等の照明焼け(=鮮度の低下)が少なくなります。

③建物の天井が高くても、電球の交換頻度は低くなるので長期的にはコストダウンに繋がります。

④赤みの鮮やかな素材(イチゴなど)は、LEDに照らされると赤色がより鮮やかに見えるようになります。

⑤またホウレンソウなどの葉物は、 LEDに照らされるとより一層みずみずしく、美味しそうに見えるようになります。

 

 

エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!
Pocket

関連情報