オフィスの照明環境

Pocket

❖オフィスで使用されている照明

オフィスでは書類を見たり作業をしやすくするために、明るさ調整や長時間使用をするので省エネ性などが求められます。
その為、既存の照明をLED照明に変更すると消費電力を約50%削減でき、明るく作業もしやすくなるので、より快適なオフィス環境を整えることができます。

またLED照明は既存の照明に比べ、寿命も長いので交換する手間も減らすことができます。

 

オフィス

オフィスで使用されている照明は直管の蛍光灯が多く使用されており、これ以外にもスクエア型の蛍光灯やダウンライトを使用している事もあります。

 インバーター蛍光灯Hf32形直管蛍光灯(71W)

 コンパクト蛍光灯FPL36形3灯スクエア照明(136W)

 コンパクト蛍光灯FDL27形ダウンライト(34W)

 

 

オフィスでは広く明かりを照らすことができる照明がよく使われます。

 

 

給湯室

給湯室などではブラケットライトを使用しております。

 直管蛍光灯FL20形ブラケット照明(22W)

 

給湯室では水を扱うことが多いので防水タイプや防湿タイプの照明が使われます。

 

 

トイレ

トイレではダウンライトがよく使用されております。

 コンパクト蛍光灯FDL27形ダウンライト(34W)

 

 

閉鎖的な空間にはダウンライトを使用することで見た目にもスッキリした印象を保てます。

 

 

 

❖LED照明のメリット

①オフィス全体の消費電力の約3割は照明であり、照明器具を全てLEDに換える事で、年間の照明器具の電気代が単純に3割から1割台まで減らせます。

② 昼間は自然光の明るさを利用し、時間帯や場所でLEDの明るさ調整をすることで節電効果が大きくなります。

③照明センサー機能が搭載されたタイプのLEDに変更すれば、節電を意識しなくても自動で節電できるほか、快適に適度な明るさを保ち仕事に集中出来るようになります。

④蛍光灯や白熱電球はLED照明と比較すると熱を発生させる性質があるので、LED照明に変更すると夏場の冷房使用時の電気代が節約できます。

⑤ LEDは蛍光灯よりも、細かい字や色がクッキリ見え、書類やカラーの色彩がより鮮明に見える効果があります。

 

Pocket

関連情報