省エネについて

❖省エネとは

電気をムダにせずに上手に使うなど、エネルギーを効率的に使用することで、少ないエネルギーで大きな効果を上げることを省エネルギーといい、略して「省エネ」という。

発電は主に石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を利用して行われます。化石燃料は有限の資源であるため、このエネルギー資源が尽きてしまわないように省エネを行うことが重要視されています。

また、化石燃料を燃やすと二酸化炭素 (CO2) 、窒素酸化物 (NO, NO2, N2O4) 、硫黄酸化物 (SO2) などが発生します。

これらが大気中に排出されることにより、地球温暖化や、大気汚染による酸性雨や呼吸器疾患などの公害を引き起こすため、深刻な環境問題を引き起こす要因になっています。

現在、エネルギーの需要が増加してきています。これは人口増加が原因で、国際エネルギー機関(IEA)の予測では、今後の20年ほどで世界のエネルギー需要は1.3倍に増加すると見通されています。

これらの問題に対して私達が協力できることは、一人ひとりがエネルギーの無駄遣いをなくし節電に取り組むことです。

蛍光灯をLED照明に替えるだけでも省エネにつながりますので是非検討してみて下さい。

エネプラ.comのLEDパッケージなら初月からお得!

関連情報