LED照明リースの審査基準

❖LED照明リースの審査基準

LED照明をリース契約する場合にはリース会社による審査が必要となります。
基本的にはローンや割賦などと同じで、契約内容が無理のないものなのか、または支払い能力は問題ないか等を基準に判断されます。会社情報や代表者の個人情報が主な審査基準となってきます。

一番重要視される内容は、代表者の個人情報となります。
ここでは過去と現在の取引状況に問題がないのかを見られます。

例えば過去の取引の支払い状況を見て、未払や遅延があった場合は、審査に通らない可能性が高いです。

また、消費者金融などからの借入の有無も見られます。中小企業でよくあるのが、銀行から借入ができずに消費者金融からお金を借りて資金繰りをしているケースです。このような情報が出てきてしまった場合も審査には通らない可能性があります。

これらの情報は事故情報として、俗にいうブラックリストになっている可能性が高いからです。

リース会社はこのような情報を信用情報機関から得ており、これらの機関から入手する情報を元に適切な審査をしています。このように適切な審査をする事で消費者(企業)の返済能力を超えた多額の支払いや多重の支払いが生じないようにしています。

 

その他にも代表者の年齢企業の業歴業績業種、が審査対象となります。

 

年齢が60歳を超えてしまうと、第三者連帯保証人を追加しなければいけない条件がでる可能性があります。
高齢では死亡のリスクがある為、第三者連帯保証人の追加を求められるのです。この時、第三者連帯保証人は誰でも良いわけではありません。当然この第三者連帯保証人も審査対象となる為、同じような高齢の方ではいけません。
できれば子息子女が望ましいです。更に自宅が自己所有であるほうが有利です。

企業の業歴では、設立1年未満はスムーズに通りにくいです。企業としての実績がないと審査の為の判断材料がない為、この場合も第三者連帯保証人の追加を求められます。

業績においても赤字決算が連続していると厳しいです。大抵の企業情報は帝国データバンクなのどの審査機関でみることもできるので、これも判断材料になってきます。

 

業種では水商売探偵金融機関産廃業者永住権のない外国人などは審査から外れてしまいます。

 

このようにリースの審査にはいくつかの基準があり何かに引っかかってしまうとリース契約が成立しなくなってしまいます。

審査に通過する条件としては代表者個人情報に問題がない事、会社の業歴、業績、業種に問題がないことがあげられます。

関連情報