LED蛍光灯の消費電力を比較検証!電気代の削減効果とは

LED蛍光灯にすることで本当に電気代は安くなるのでしょうか?皆さんの疑問にお答えします。実際に蛍光灯とLED蛍光灯の消費電力を計測しLEDの省エネ効果を元に電気代を算出してみました。
LED蛍光灯の最大の特徴は低消費電力です。LED蛍光灯は従来の蛍光灯(FLR40)に比べ消費電力が低いため(約1/2)電気代が安くなります。使っている照明(ランプ)によって省エネ効果は異なりますが白熱電球の場合は1/10、蛍光灯では1/2の消費電力と言われていますが実際にはどれくらい消費電力が下がるのか実験してみました。

下記写真はフィリップス製のLED40形蛍光灯で1本あたりのカタログに表記されているスペックは19Wとなっています。実験はFHF32蛍光灯とFLR40蛍光灯のランプに逆富士2灯式の器具を設置し比較しました。

LED蛍光灯の消費電力を比較!!

 

フィリップスLED TUBE FHF32EX-N FLR40SEX-N

36.8W

68.6W

98.4W

※ランプスペックや安定器、電源電圧によって消費電力に差が生じます。

(左)LED蛍光灯の消費電力は2本で36.8W(1本あたり18.4W)
(中)FHF32の消費電力は2本で68.6W(1本あたり34.3W) 
(右)FLR40の消費電力は2本で98.4W(1本あたり49.2W)

測定結果は参考値はありますが結果はなんとFLR40と比べ63%もの消費電力が下がりました。FHF32にしても47%消費電力が下がっています。

従来の蛍光灯にはグロースターター(FL)、ラピッドスタート(FLR)、インバーター(hf)の3種類がありますが特にグロー、ラピッドの場合は消費電力の下がり幅が大きいことが分かります。

インバーター式はもともと省エネ効果の高い蛍光灯のため、グロー、ラピッドほど消費電力は下がりませんが、それでも約50%ほど省エネになることがわかりました。

従来の蛍光灯はランプの消費電力に加え安定器も電力を消費しています。安定器には電子安定器と磁気式の安定器がるのですがいずれも3W~5Wは電力を消費しています。

このように消費電力が下がるということは電気代が節約できるということになります。実験のようにLED蛍光灯にすることで60%以上消費電力を下がると電気代は1か月あたりどの程度安くすることができるのでしょうか。

LED蛍光灯の電気代を算出

電気代は点灯時間×消費電力×電気料金単価で出すことができます。

(計算条件)
 蛍光灯:100本
 点灯時間:250時間/月
 電気単価:22円(従量電灯)

FLR40蛍光灯の電気代・・・ 49.2W×100本×250時間×0.022円=27,060円

FHF32蛍光灯の電気代・・・ 34.3W×100本×250時間×0.022円=18,865円

LED蛍光灯の電気代・・・  18.4W×100本×250時間×0.022円=10,120円

FLR40蛍光灯との差額は、なんと! 16,940円も電気代が安くなります。

FHF蛍光灯はFLR蛍光灯ほど削減効果はありませんがFHF蛍光灯には隠された使い方がります。

FHF蛍光灯を使用している場合は蛍光灯の器具の品番を確認して下さい。

FHF蛍光灯は高出力で点灯させる器具と省エネで点灯させる器具、また両方をスイッチで切り替えできる器具が存在します。高出力と省エネの違いは明るさと消費電力です。

高出力で点灯させる器具を使用している場合はFLRと同じくらいの消費電力がかかりますが省エネ器具の場合は上記の写真のように34Wほどです。もし高出力器具を使用している場合はLED化をすることで消費電力の削減効果は大きくなります。ただし注意しなければいけないのは明るさです。

明るくするために高出力点灯しているのでLEDにすることで今までより暗い印象になってしまう可能性もあるので注意して下さい。蛍光灯によって消費電力の削減効果は違いますが今後LEDのスペックがさらに向上していけば70%や80%ダウンするのではないでしょうか。

まとめ

蛍光灯のLED化で電気代の削減効果が大きいことがわかりました。これだけの電気代が削減できればLEDに掛かるコストは使用条件によって違いますが短期間で回収できるといえます。
オフィスや工場など電気代を削減するにはまず現状を把握することですが素人には困難な場合も多いためLEDの専門業者に相談するのが良いでしょう。LED専門業者は電気代やLED導入費用のシュミレーションを無料で行ってくれますので、ますはご相談してみましょう。

関連情報